teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2018年 1月 7日(日)02時16分46秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

1月2日(火)0時、今年最初のハンストが終了しました。

先日、デモクラTVの対談で、詩人アーサー・ビナードさんが、アメリカの憲法に触れ、憲法草案を書き、その後大統領も務めたジェファーソンが、(アメリカの)憲法に「常備軍の廃止」を入れることが出来なかったことをとても悔いていた、という話をしていました。もしアメリカが常備軍を持たない憲法をもてば、フランス憲法もそれに従ったろうし、歴史的にも大きな影響があった「もし」です。

18世紀末の頃は、常備軍をどうするか、ということが政治的にも大きなテーマだったようです。カントが「永遠平和のために」を書いたのもこの頃です。そのなかで◇常備軍の廃止◇が提起されています。時代は変わっても、その本質は変わらないので、もう一度確認しておきます。

「常備軍が存在するということは、いつでも戦争を始めることができるように軍備を整えておくことであり、ほかの国をたえず戦争の脅威にさらしておく行為である。また常備軍が存在すると、どの国も自国の軍備を増強し、他国よりも優位に立とうとするために、かぎりのない競争ががうまれる。こうした軍拡費用のために、短期の戦争よりも平和時の方が大きな負担を強いられるほどである。そしてこの負担を軽減するために、先制攻撃がしかけられる。こうして、常備軍は戦争の原因となるのである。

 それだけではない。常備軍の兵士は、人を殺害するため、また人に殺害されるために雇われるのであり、これは他者(国家)が自由に使うことのできる機械や道具として人間を使用するということである。これはわれわれの人格における人間性の権利と一致しないことだろう。もっとも国民が、みずからと祖国を防衛するために、外敵からの攻撃にそなえて、自発的に武器をとって定期的に訓練を行うことは、常備軍とはまったく異なる事柄である。(後略)」(光文社古典新訳文庫)

自衛隊も、この視点からもう一度考えてみる必要がありますね。

 
 

終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年12月31日(日)23時54分9秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

12月26日(火)0時、ハンスト終了しています。

新年にならないうちに今年最後のハンストの終了報告をしなければ、と焦っている大晦日です。

昨年暮れも暗かったけれど、参議院選で少しは野党共闘の効果があり、希望もありました。今年は・・・どこに明るさを見出したらいいのでしょうか。野党の混乱にまだ灯りは見えません。大晦日でも統一会派をつくるための努力はすると参議院民進党は言っているそうだけれど、無理しない方がいいのでは・・・。

国会議員なのですから、結局、野党といえども、どういう行動をとるか、何に賛成し、何に反対するか、それによってしか有権者は判断できないわけです。政党助成金の問題がからまってくるので、現実問題としてできるだけ多くの人数で会派を作りたいということは理解できるものの、そいう些末なことや理論で統一会派を作ることは今の段階では無理でしょう。江田憲司議員(民進・無所属)が「通常国会で、百本近い法案の賛否、共闘あるなし等々を通じて、自ずから野党再々編の姿が見えてくるでしょう」と言っていますが、その通りと思います。理念で結束するよりも、まず行動を同じくできるかが問題です。

2018年は改憲問題がクローズアップしてきて、いっそう厳しい年になりそうです。本当に安倍内閣は疲れる(疲れさせられる)内閣だけれど、こちらが疲れている程度に、安倍さんも疲れているはずです。ボヤいたり、時には気を抜いたりしながらも、諦めないでアベNOを、戦争NOを言い続けましょう。

あと数分で今年が終わります。何とかセーフでした!

?

 

終了報告+「九条の会」は何をすべきか

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2017年12月28日(木)10時27分12秒 softbank126091120235.bbtec.net
返信・引用
  12月20日正午過ぎ、143回目の「ハンスト・イン」終了しています。

「参加報告」のなかで、「9条の会」が、憲法第九条を守るために、今後は、安部+自民党による自衛隊の存在の正当性を、9条の中に書き加えることを骨子とする改憲プランに抗議・阻止するための具体的な政治行動に参加する決意を表明したことについて、「遅きに失したのではないか」という私見を明らかにし、それでも「9条の会」が今度、憲法を守る市民運動において、リーダーシップを発揮して行けるとしたら、どのような形が可能かについて、「ハンストをしながら考えている」と書き込みました。

この点について、「ハンスト」を終了してから1週間以上たった今でも、明確に最終的な答えが見えているわけではなりませんが、一応、現時点で頭の中にあることを整理しておくと、以下のようになります。


1.何か別の護憲団体が立ち上げた抗議・反対運動に後から参加するという形では、「9条の会」はリーダーシップを発揮できない。

2.つまり、やる以上は、「9条の会」が率先して、抗議・反対の意志を国民に向けて発信するためのデモや集会を組織し、その先頭に立たなければならない。

3.安部+自民党の国会内改憲勢力の背後に、「日本会議」や憲法改正のための国会議員同盟が存在しているように、立憲民主党を中核とする護憲政党にむけて、「平和憲法を守るための超党派市民連合」、さらには「超党派国会議員護憲同盟」といった組織を立ち上げることを呼びかける。

4.デモや集会といった具体的行動を伴う運動だけでなく、有志の募金を募って、「総理大臣が自ら先頭に立ち、メディアを利用して改憲の意志を表明・発信すること自体が、憲法違反である」という理由を掲げ、安部総理大臣を告訴したり、新聞や雑誌、ポスターを使って、意見広告をレギュラー・ペースで行う。

5.また護憲政党、特に政党助成金を170億円以上もため込んでいるという民進党に呼び掛けて、政党助成金を護憲に向けた国民意識の防波堤構築のために使うよう呼びかける。

6.これまで、「九条の会」の背後には、日本共産党がサポーターとして付き、共産党の護憲運動の一つとして組織され、位置づけられ、展開されてきた運動という印象が強いが、こうした一政党による平和運動組織といった印象を立ち切り、超党派の平和運動組織であることを国民に印象づけるために、これまでのような日本共産党との依存関係を断ち、ほかの護憲野党と同様に、日本共産党も運動に賛同し、支援してくれる政党の一つという位置に戻す。

7.そのためには、現在の「九条の会」の執行部のメンバーで、共産党の党員、あるいは共産党系の人は身を引く。そのうえで、無党派・無宗派で、中立的立場に立つ市民の代表が新執行部に入り、運動をリードしていく。

8.知名度の高い文化人が、講師として招かれ、全国各地で開かれる講演会で九条を守ることの大切さを訴え、それによって「九条の会」がグラス・ルーツの平和組織として広がっていくといった、これまでの運動形態はすでに過飽和点に達しており、これ以上の伸びは期待できない。そのことを、「九条の会」の執行部は認識し、講演会方式による啓蒙活動はこの辺で打ち切りにし、全国7千を超える「九条の会」をより戦闘的な平和運動組織として一つにまとめる方向で、何ができるかを考え出すべきである。

以上ですが、「九条の会」がボランティア組織であり、事務局で仕事をされてきた方々も、それぞれ別に本職を持っておられる以上、これまで以上に「九条の会」の活動に時間を割くことは不可能だろうと思われます。したがって、今後も「9条の会」が護憲運動の先頭に立って、運動をリードしていくという形で運動が展開していくことはほとんど無理だろうと思います。

さて、それではどうしたらいいのか……もう少し時間をかけて、頭を絞ってみたいと思います
 

1週間遅れの終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年12月25日(月)18時19分5秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

12月19日0時、ハンスト終了しています。

ハンストをしながら、先週のハンストの終了報告を書いているという次第です。なんだかいつも借金をしているようで、この借金は新しい年には持ち越さないようにしなければ・・・。

寒い冬の夜、老婆が二人、延々と電話でカズオ・イシグロ論をやっている・・・という風なことは世の中にはよくあることなのでしょうか。それが憲法9条のことであったり、戦争のことであったりしても・・・。元はと言えば、ごく日常的な、お歳暮のお礼から始まったはずの電話が、どのように発展してか、カズオ・イシグロにまで話が及び、気がついたら2時間以上も受話器を握っていたという次第です。自分の姿を客観的に考えると思わず笑ってしまいますが、結構充実した時間でもありました。

話の中心は、何故村上春樹はノーベル文学賞をもらえないのか、ということでした。「もらえないでしょう」と言ってしまうと身も蓋もありませんが、次元の違う文学のような気がします。文章そのものは、カズオ・イシグロも村上春樹もよく練られた美しい文章で、思わず引き込まれます。でもテーマが違うのです。村上春樹は、小人とか謎の騎士団長を書けるけれど、クローン人間は書けないのです。ただ面白おかしく、人間でない何者かを書く不思議さはあるけれど、クローン人間は、面白おかしいだけでは書けない。「クローン人間は人間なのか」という絶えず重い問いかけがあり、それは人権という思想に裏打ちされた発想と共に読み進めていくことが絶えず要求されるのです。

『わたしを離さないで』というイシグロの作品は、著者の意図に反して、「人間」の生命を長らえさせるために、臓器移植を提供するための「クローン人間」を生みだしてしまった近未来の恐怖を描いてしまいました。すでにそれは密かに行われているかもしれない・・・。科学は何でも創る。原爆も作れば、人間を生かすために別の人間をつくることも可能です。原爆の使用が許されないように、クローン人間の創造も許されないことだ、という問題提起を人類に向かって提起した問題作であったと思います。誰が、クローン人間になりきって、その生を生き抜く世界を描いたことがあったでしょうか。それはつきつめれば、逆に、「人間とは何か?」を鋭く問いかけることでもあったのだと思います。
?

 

終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年12月18日(月)01時25分0秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

12月10日正午、ハンスト・イン終了しています。
12月12日0時、定例のハンスト終了しています。

民進党の身の振り方が定まらずグダグダしています。そもそも9月28日の両院議員総会で、詐欺師のような前原の説得に、疑問は述べても、誰一人反対せず、前原に今後の身の振り方を「一任」してしまったのが、間違いのもとです。もっと深くいえば、民進党の代表に前原を選んだあたりが、民進党の甘ちゃんたちの甘ちゃんぶりです。

そういう意味で言えば、民進党の誰一人として、前原を責める資格はないし、「一任」が壊れた今となっては、それぞれ自分で身の振り方を考えねばならないでしょう。立憲民主党、希望の党、無所属の会、(参議院)民進党と4分裂しているのですから、今あるグループ全体としてではなく、一人一人がこの4つから選べばいいのでは?それでも満足できないのならば、更に新しい党を立てるもよし。

いずれにしても、一旦壊れたものが元に戻るなどということは、自然界でもあり得ません。その無理なことをしようとしているから、一歩も進まないのです。壊れた茶碗を元に戻そうとしても到底無理なこと。一人一人が、自分の主張をもって選べばいいのです。よく考えて選ばないと、後援者には、NOと言われるかもしれないけれど・・・。旧民進党として会派を組むという話は、それぞれの身の振り方が決まってからです。自分で自分の所属すべき党が決められず、誰かが決めてくれるのを待っている、という優柔不断さが、今日のこの無様な事態を招いているのだということを、そろそろ分かってもいい頃です。

 

12月9日正午から、10日正午までの、「9の日ハンスト」終了しました。

 投稿者:高田 眞佐子  投稿日:2017年12月10日(日)15時17分57秒 zaqdadcd92a.zaq.ne.jp
返信・引用
   12月の「9の日ハンスト」終了しました。 例年のことですが…私たちの町の「9条の会」は、12月8日の太平洋戦争開戦の日に、赤紙を複製したものを配って、「二度こんな紙を配られる世の中にしないようにしましょう。」とよびかけているのだが…昨日も幾組かの、市民団体が、午前と午後にわかれて、赤紙配りをしました。私は昨日、午後から、参加しました。
受け取りはわるかったのです。でも私は、スマホとマイナンバーのある今、赤紙のような、目に見える形ではなくもっと巧妙な徴兵がなされるのではないかとおもったりしています。
 

またしても2回分の終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年12月 5日(火)19時42分33秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

11月28日(火)0時、ハンスト終了しています。
12月  5日(火)0時、ハンスト終了しました。

師走を迎えて何かと忙しく・・・なんて言い訳はもうすでに何回か使ったような気がしますが、またしても2回分の終了報告です。むかし、ハンストはできるのだけれど、参加や終了の書き込みが大変で・・・と言っていた参加者の気持ちがつくづくわかるような気がしてきました。

その頃は大勢の人が参加していたので、2~3行の近況報告や感想や簡単な応答を書いただけで済みましたが、こんなに少なくなっては、一端の「ニュース解説」や「時事評論」めいたことまで書くようになり、そのためには少しは勉強をしなければならず・・・だんだん荷が重くなってきました。でも、そういうことを何年も続けているうちに、だいたいの評論家のいうことが、タイトルを見るだけでわかるようになり、読むべきかどうか頭で選別しているのです。いい勉強になりました。

十数年ネット社会を見続けていると、栄枯盛衰もあり、何人かは亡くなられ、寂しげにサイトだけがネット社会に存在しています。むかしは、ブログや掲示板が主流でしたが、いまはツイッターが主流です。情報の最前線にいる人にとっては、ツイッターは情報を拡散するのに最も有効な「武器」です。つい先ごろの立憲民主党の設立過程では、このツイッターが、情報拡散から人集めまで、大きな役割を果たしたのを目の当たりにしたばかりでした。このツールをどう使うかが、今後の政治運動の大きなカギだろうと思いました。

「ガンジーの会」はネットがなければ、生まれえない平和運動でしたが、このスピードの時代に掲示板ではそろそろ時代遅れとなっているのかもしれません。それに掲示板のあり方も関係していますが、「応答」があってこその掲示板です。その辺を、今後は考えていくべきなのかもしれません。皆さまのよいお知恵を!

 

2回分の終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年11月27日(月)01時44分58秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

11月14日(火)0時、ハンスト終了しています。
11月21日(火)0時、ハンスト終了しています。

すっかり怠け者になってしまいました。2週間前、1週間前、のハンスト終了報告を今頃一緒に書いている始末です。

先日、久しぶりに「九条の会」のサイトを覗いたら、こんなことが記されていました。

「九条の会の役割は、あくまで全国7000余にのぼる九条の会の交流や連絡調整に当たることにあり、その多様な活動を縛ることは避けたいという思いからでした。
  しかし、安倍改憲の企てを阻むことは、2004年に九条の会が出発したそもそもの目的にほかなりません。そこで、会事務局は、よびかけ人と世話人の了解もいただいて、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に組織として参加し、他団体と協力して活動する決断をしました。安倍改憲を阻むため、全国市民アクションの一員として全力をあげる決意です。」(9条の会)

故加藤周一氏は、「いざ、という時に、一斉に立ち上がれるようにネットワークをつくりたい」と、2004年に「九条の会」を立ち上げられたのでした。発起人の9人のうち、すでに6人は故人となられ、今は、大江健三郎氏、澤地久枝氏、梅原猛氏の3人になってしまいました。13年という年月を深くかみしめています。仄聞するところによれば、大江氏は精神を病まれておられるとか・・・こんな時代になってしまって、あの神経では耐えきれぬものがあったのでしょう、痛ましいことです。

これまでは、広報と学習に拘り、活動は各地域の独自性に任せ、じれったいほど行動のない会でしたが、ようやく重い腰を上げて、他団体と活動を共にし、全力を挙げてやる決意が表明されました。それを受けてか、私の住む長野県も、12月早々に、今後の活動計画などを話し合う会議がもたれるという連絡が先日ありました。この大所帯の会が、一斉に動き出せば、必ず変化はあると期待しています。

 

11月の「9の日ハンスト」終了しました

 投稿者:高田真佐子  投稿日:2017年11月13日(月)18時06分39秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
  11月の「9の日ハンスト」終了しました。
「小春日和」というのでしょうか?9日も10日も大阪は、穏やかな一日でした。でも、「9の日行動」をして、チラシ配りも、しましたが、増々、チラシの受け取りは、わるかったのでした。無関心を装っていらっしゃるのか、本当に無関心なのか、わからないのでした。「うるさいなぁ」と言って、とおりすぎる人のほうが、まだ、気持ちが読める気がしました。

先日、伊勢崎さんが、山尾さんの応援をなさっている映像をyoutubeでみました。「結局、行き着くところは、ガンジーじゃないか、と思う。」みたいなことをおっしゃっていました。ちょっと、今までの伊勢崎さんがおっしゃっていたこととは、違う気がしたけれど、「今、日本で、一番危険な人は安倍さんです。政権をとらせちゃだめだ。」とまで、おっしゃっていましたから、理想をすこしでも、けずったら、安倍政権はとんでもないことをする、とおっしゃりたかったのではないかと思いました。9条は夢物語、理想を言っても仕方がないと、多くの人は言う時代になったけれど、一歩も譲ってはいけない理想というものがあるという思いを強くしました。

(高田さん、「BBSガンジーの会よりお知らせ」から「終了」のBBSに移しました。気がつくのが遅くなりました。次回からは、「参加」は参加のBBSに、「終了」は終了のBBSへお願いします。「お知らせ」のBBSは「ガンジーの会」から皆さまへの「お知らせ」のBBSです。  藤森)
 

ハンスト・イン終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年11月13日(月)02時35分30秒 server121.janis.or.jp
返信・引用
 

11月10日(金)正午、ハンスト終了しました。

この2~3日の寒さで、落葉散る季節になりました。テラスに舞い込む落ち葉を拾いながら、不透明な政治状況に心まで寒々しく、なかなか元気が出てきません。安倍政権に5年間も、異議申し立てをし続け、更にもう何年か続くとなると、相当疲れますね。でも、当方が疲れる程度には、安倍さんも疲れているはずでしょうから、この政権の最後を見届けなければ・・・と思っています。

文芸春秋12月号の「赤坂太郎」(Who?)によれば、安倍側近たちが描く改憲のベスト・シナリオは「年内に改憲に向けた自民党の考え方をまとめ、来年2018年の通常国会で与野党の協議を本格化させる。大幅に通常国会を延長すれば、夏ごろに衆参の3分の2の賛成で発議できる。国民投票は発議から、60日以後180日以内。つまり年末か(20)19年初頭に行い、春に新憲法を施行する。」とのこと。

メデイアはまるで既定路線のように、改憲を叫び、ネットでは改憲、護憲の言葉が飛び交っています。でも、改憲、護憲、といっても、それは一様ではないと思います。何の必要性があって、憲法のどこを、どう変えるか、については人それぞれに微妙な違いがあります。ですから、簡単に護憲派、改憲派、と決めつけない方がいいと思います。例えば、私は、憲法前文の精神を尊重し、9条は努力目標として原則として変えないという考えですが、自衛隊については、暫時、他の法令で国民合意のものとし、専守防衛に徹する、海外派兵は禁止する、ということを決めて欲しいと思います。そのためには、安保法制を廃止しなければ合法性はなくなります。そういう意味ではガチガチの護憲派といわれるのでしょうが、ともかく、国として、戦争をすることには反対です。殺されるのも、殺すのも、絶対反対です。恐らく安倍さんのめざす方向とは真反対かもしれません。

むかし、特攻で飛び立つ寸前で敗戦を迎えた経験のある森嶋通夫という経済学者の作品を読んだ時から、どこかが攻めてきたら「白旗を立てて、無条件降伏する」という諦念と覚悟が私にはあります。それは、力弱きものの「智慧」でもあるのだと思います。力や武力を信ずるものは、そういう境地にはなれないかもしれませんが、究極のところで、一般的に女性は比較的この考え方に同意できるのではないでしょうか。

「徹底抗戦して玉砕して、…惨憺たる戦後を迎えるより、秩序ある威厳に満ちた降伏をして、その代り政治的自決権を獲得する方がずっと賢明だと私は考える。」(『日本の選択』岩波同時代ライブラリー・森嶋通夫著)そして、森嶋氏を「空想的平和主義者」という人に対して、「最小限の防衛力をもっておれば侵略される惧れはないと信じている人たち」を「空想的国防主義者」とよび、「ほかの人々が彼らにかわって、暴力を行使してくれるにちがいないと信じている」と述べています。戦争をやると決めるのはいつの時代も空想的国防主義者の「オジサン」たちで、闘うのは若ものたちですものね。政治家たちは、自分が一兵卒として戦場にいることを想像してからものを言って欲しいと思います。

「惨憺たる戦後」を経験したものとしては、身辺に戦争の犠牲者をかかえ、あのように焼け野原から、ゼロから、生活をつくっていく大変さを、これからの人たちに残したくないという気持ちがあるばかりです。

もうひとつ、現在の憲法さえ守ろうとしない安倍政権が、憲法を変えたとて、悪用するばかりで、その憲法を守るという保証はないのです。安倍さんには、立憲主義ということが全く分かっていないのだと思います。

 

レンタル掲示板
/69