teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/771 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ハンストイン」終了報告と入院・手術・退院報告

 投稿者:末延芳晴  投稿日:2022年 4月 6日(水)07時36分45秒 softbank126091120235.bbtec.net
  通報 返信・引用
  会員及び支援者の皆さま

報告が遅れましたが、3月9日正午より行われた「9の日・9条・ハンストイン」には正午前より参加し、10日のお昼過ぎに終了しました。

会員及び支援者の皆さまには色々ご心配をお掛けしましたが、胆嚢摘出の手術は無事に終了し、3月30日のお昼前に退院しました。

事前に執刀医から、特に難易度の高い手術ではなく、3~4時間で終わりますよと聞かされていたので、比較的楽な気持ちで手術台の上に身を横たえたところ、

看護婦が麻酔用のマスクを装着してくれ、今から麻酔用のガスが出てくるので、それを吸っているうちに、眠くなってきて、すぐに昏睡状態に入りますので、気持ちを楽にしておいてくださいとのこと。その話を聞かされているうちに、早くも眠くなってきて、意識はごくごく自然にすーっと消え・・・・・・。

次に意識が戻ってきて、医師や看護婦の声が聞こえてきたときには手術は終わっていました。

何か、宇宙船のカプセルに載せられ、気持ちよく宇宙旅行を楽しみ、目が覚めたら手術は終わっていたという感じでしたね。

手術中も何か、とてもハッピーな夢を見ていたような気がしましたが、どういう夢を見ていたのかは、思い出せません。

意識がかなり現実に戻ったところで、執刀医師が、切り取った胆石を、透明な小さなカプセルに入れて見せてくれたのですが、予想していたよりもはるかに大きく、ウズラの卵大で、形状もよく似ています。ただ、色合いが全く違い、胆石の方はどす黒くいかにも禍々しいと言った感じですね。

「胆石が思っていた以上に大きく、それが胆嚢の出口を塞いでいたため、胆嚢内部と外部の周辺がかなり炎症を起こし、汚れていました。それを綺麗に拭い取るのに、少し手間取りましたが、胆嚢そのものは予定通りスムーズに切り取ることが出来ました。病状が悪化する前に、早めに切開手術を済ませて、本当に良かったですねとのこと。

といったわけで、手術そのものは大変スムーズに進み、気持ちよく眠りから覚めたのですが意識が覚めた時から退院する日まで、尿を膀胱から直接取るために細い管が尿道の先端から差し込まれていたせいで突き刺さるような疼痛感に苛まれ、しかも同時にしつこい残尿感が尿口部分に24時間
付きまとっていたせいで、地獄の苦しみを味あわされました。

さらに加えて、手術前夜の12時から翌朝の7時までの間に、水を高さ15センチくらいの大型のコップで二杯飲むことと、それ以降は一切の食べ物と水は口に入れてはならないという「禁忌」を課せられたため、夜の7時ころから下半身の疼痛感と猛烈な喉の渇きと空腹感に襲われ、眠れぬ一夜を明かすことになりました。

それともう一つ、苦しめられたのが、腹腔鏡手術を行うために、臍の部分と他に三か所くらい小さな穴をあけそこから内視鏡カメラを差し込み、モニターに映し出された腹部の内部を見ながら切開手術を行うのですが、手術が終わった後は、穴をふさぎ、接合・縫合し、医療用のテープを貼って、それで終わりになるわけです。ところが、その縫合部分が、ベッドで寝起きしたり、寝返りを打ったり、トイレにゆくために廊下を歩く時に、
結構痛むんですね。それも縫合部分だけでなく、お腹の表面全体が張り詰めたように痛み、その痛みは退院後、3~4日経つまで続きました。

そんなわけで、天国と地獄両方を体験して退院してきたわけですが、退院の途中、タクシーの運転手さんに頼んで賀茂川堤防脇の街道を走ってもらったのですが、堤防の桜並木はまだ3分程度にしか咲いていませんでしたが、それでもかすかな川風に揺れるその白い姿に見入りながら、これから先10年、80歳台を本を読み、文章を書き、花や樹木の紅葉や落葉など自然の写真を撮って生きて行けることの喜びをしみじみと感じながら、家路についた次第です。

というわけで、無事に家に帰り着き、現実生活に戻ってきて、気が付いて見れば、毎月恒例の「9の日・9条・ハンストイン」が、つい目の前に迫って来ていました。1月の正月休暇明けに、糖尿病と胆石性胆嚢炎を併発し、京都市内の病院に入院して以来、意識がいかにして病の危機を乗り越えるかの一点に集中していたせいで、コロナのこともウクライナに対するロシアの理不尽な砲撃のことも、何か窓ガラスの外の出来事のように感じられ、リアリティをもってそれらの事が意味するところのものを受け止め、考えを整理し、まとめることがまだできていません。

そのため今回も、「ハンストイン」の呼び掛け文は、副代表の藤森さんにお願いする事にして、もう一回お休みさせていただきます。

なお、前回、3月9日の「ハンストイン」は、9日の正午から参加、翌10日の正午過ぎに終了。4月9日正午からの「ハンストイン」は参加の予定です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/771 《前のページ | 次のページ》
/771