teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:110/702 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

終了報告

 投稿者:藤森治子  投稿日:2017年 8月21日(月)02時25分44秒 server121.janis.or.jp
  通報 返信・引用
 

8月16日(水)0時、一日遅れの定例ハンスト終了しています。

14日夜、高校卒業後40年になるという教え子たちの同級会に招かれて行ってきました。彼らも来年は還暦とのことで、それぞれが人生の闘いの終わりに近づき、一抹の寂しさと、落ち着いた穏やかさがありました。「先生の還暦」「先生の古希」「俺たちの還暦」と、40年も経つのに何かにつけてよく集まるクラスでした。それでも中には40年ぶりに再会できた人たちもいて、懐かしく、心あたたまる集いでした。

同級会の不思議さは、40年という年月を経ても、昨日「さよなら」と言ったその明日のように、気持ちが続き、会話が弾むことです。まだ青い時代を共に過ごした年月の濃密さ故でしょうか。まだ若くて至らなかった担任を、40年間のうちに時々思い出しては、こうして誘ってくれることは、教師冥利に尽きます。

時々地元紙に「ガンジーの会」に関わって私のことが載ったりしているせいか、「先生が矍鑠として活躍しているのをみると、元気が出ます」などと言ってくれるひともいて、少しくたびれてきた気持ちに喝をいれられた思いでした。

それでは、というわけで、今年は挨拶の中で少し政治情勢のことなどを話しました。「今、日本は再び戦争への道を歩むのか岐路に立っている。それぞれが自分の頭で考えて、賢明な選択をして欲しい」と。個人的には政治や社会情勢について話すことはありましたが、大勢集まった時には、いろいろな考えのひとがいるので避けてきました。でも今年は、どうしても言わざるを得ない情勢です。

「先生の言いたいことはよくわかっているよ」「話を聞いて、僕はまだ甘いな~と思いました」という声がほとんどでしたが、「先生に反論するようで申し訳ないけれど、僕は・・・」と違う意見を言った人が出てきたのはおおきな収穫でした。彼とは2次会でさらに話しましたが、とんでもない陰謀論に傾いていて、「お前、そんなことあり得ないよ。」「そんなことを信じているの?」と他の人たちに言われて、彼は形勢不利。いつかまた話そう、と約束して別れました。みんな同じじゃ面白くない。

そう、私は、やんちゃで困らせられながらも、その多様な生徒たちのくりひろげる舞台を楽しみ、面白がっていたのでした。

これが2017年のお盆の同級会でした。

 
 
》記事一覧表示

新着順:110/702 《前のページ | 次のページ》
/702