teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/104 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RC趣味を再開しました。

 投稿者:どんさか  投稿日:2016年 4月18日(月)16時52分14秒
  通報
  久々にラジコン飛行機の趣味を再開しましたが時代はエンジン機から電動機へと変わっていました。

と、言うことで「LOCO280とメカ一式」をこのHPで購入。
初飛行から軽く100フライトを超えましたが無傷で今も現役。
さすがにこの飛行回数、スチレンのタイヤは早々の交換となりました。

LOCOを通じて、ひととおり電動機の初歩を勉強することができました。
当時のスティック操作感覚もすぐに取り戻すことができました。
LOCOは工作好きのラジコン初心者にはお勧めのキットです。

その後、アマゾン店「Hover Mist」でMIDY280、ESCALATE280を購入製作しました。
こちらもかなりの飛行回数になりますがいずれも無傷。
両機とも思った以上に操縦しやすい機体でした。
小型軽量なので「調子に乗らなければ?」壊すことはほぼないでしょう。
ただ適度な期間で入替わってくれないと機体置き場に困ることにもなるんですが(笑)

◆キット製作で感じたこと◆

LOCO製作では接着剤塗布開始直後に「同じ面」だと気づき危機一髪。
主翼プランク後サーボベッドを取り付けていないことに気づきリブ穴からピンセットで接着するはめに。
はやる気持ちをグッとこらえ慌てず急がず、説明書を熟読しながら手順どおりに製作しましょう。

LOCOでは各舵可動にヒンジテープを張りましたがそのテープがキラキラ光って見た目がちょっと・・・
そこで、MIDYとESCALATEでは窓用クリアシートの余った部分を5ミリ幅に切断してヒンジシートに流用。
カッターで正確に切り込みを入れGPクリアをつまようじで少量つけ挿入接着。
このシートは薄くて曲げも軽く丈夫な素材で接着力もあり2機種のヒンジシートとしては最適でした。
ちなみに取り付けは主翼片面4か所、水平尾翼5か所、垂直尾翼3か所です。
重量増加はほとんどなく動きも軽く見た目もスッキリで、これは大正解でした。

ESCALATEは機首部の製作で若干苦労しましたが、正確にカットされた部材なので終わって見ればきれいな仕上がりでした。
私自身、ESCALATEの製作でいちばん難しかったのは胴体上面板と胴体側板の角部分の接着でした。
GPクリアーはある程度乾いてからの接着だと修正が効かないので一発勝負になります。
サンドペーパーで気にならない程度に整形しましたが背筋が若干波打った感じの仕上がりになってしまいました。
胴枠上部に背骨用スパー材が1本通った設計なら角部分が波打たずに綺麗に張れるのでは?と思いました。

今後も魅力ある機体キットが発売されるのを楽しみにしています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/104 《前のページ | 次のページ》
/104