teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


≪――全てを終わらせる終極の覇者。"凶王"の手から逃れる手段は、存在しない――≫

 投稿者:◆◇凶王◇◆  投稿日:2013年 3月26日(火)18時32分0秒 180-144-199-43f1.hyg2.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
 

≪自己紹介/Self Introdouction≫────
≪-偽名-≫
煌皇 夜月/Yadsuki Ouragi
≪-偽名-≫
嗣漆 黒守/Kurosu_Siurushi
≪-真名-≫
十六夜 終焉- End Izayoi-
≪-性別-≫
牡。
≪-年齢-≫
不詳不明
≪-身長-≫
185cm
≪-体重-≫
64kg
≪-容姿-≫
画像参照。

≪-武装-≫────
──白月──_Siratuki_
彼の中に僅かに、少量存在している善意がその形を為した物。形状は白い光。とは云え、所詮は光で在る為、
彼以外の人間には触れる事も、亦見る事すら出来ない。以前は唯の白い刀で有ったが、彼が記憶と共に
取り戻した力と、彼の気持ちの揺らぎ等の心情、或いは身体と力の不均衡さから彼の中の不均衡さと意思が偶然に、それでいて突然に作り上げて、
然して形を為した物。此の光は彼の指示で幾数にも分裂したり、分散したりする事が出来る。或いは、形状や性質を変化させる事も出来ると云う。
故に、光と云う形状から本来持っていない筈の性質や、無限と思しき数に変化させる事が出来ると云う。然し、性質を変化させても形状を変化させても、
数を増やしても、相手には不可視と云う効果は永遠に継続される。故に、例えどんな手段を用いても彼の放つ此の白い光による攻撃は見えず、
亦見えないで有るが故に、有りと凡ゆる物の対象と為らない。要するに、無効化系統の異能等でも無力化される事はない。
見えてない存在で有るが故に、元々の認識すら、その異能にはされないのだ。要するに、透明人間がどう足掻いても見えないのと同じで在る。
然し、その透明人間は自分から見えている相手に対して触れる事は出来る。と云った処であろうか。亦、もう一つ、此の武装が秘めている効果が、
「 有りと凡ゆる存在の中に在る均衡を崩す事が出来る 」と云う効果だ。之故に、自分が指定した物の均衡を崩して、その均衡を崩した対象を
根元から消滅させる事が可能だと云う。或いは相手自身に対して作用して、唯相手の身体のバランスを崩す為、等にも使う事が出来る。

──黒月──_Kokudsuki_
彼の中の殆ど、大半を占めているが如く存在している悪意がその形を現した物。形状は黒い光。とは云え、所詮は光で在る為、
彼以外の相手には触れる事も見る事も出来ない。以前は唯の黒い刀で有ったが、彼が記憶と共に、
取り戻した力と、揺らぐ心に漬け込んだ悪意、或いは【凶王】と呼ばれていた存在で在る彼の心中に燻っている本性や本能、或いは本質等が偶然に、
それでいて突然に作り上げて形を為した物。此の光は彼の指示で幾数にも分散したり、形状を変えたり性質を変化させる事が出来る。
故に、光と云う形状から本来持っていない筈の性質や、無限と思しき数に変化させる事が出来ると云う。然し、性質を変化させても形状を変化させても、
数を増やしても、相手には不可視と云う効果は永遠に継続される。故に、例えどんな手段を用いても彼の放つ此の白い光による攻撃は見えず、
亦見えないで有るが故に、有りと凡ゆる物の対象と為らない。要するに、無効化系統の異能等でも無力化される事はない。
見えてない存在で有るが故に、元々の認識すら、その異能にはされないのだ。要するに、透明人間がどう足掻いても見えないのと同じで在る。
然し、その透明人間は自分から見えている相手に対して触れる事は出来る。と云った処であろうか。亦、もう一つ、此の武装が秘めている効果が、
全てに置いて存在している「 原点 」を操作したり、それに全てを回帰させたり、或いは全ての物の終着点ともされている「 虚無 」を自由に操る
事が可能だと云う。原点に回帰させれば、進んでいた物事の過程等が全て消え去って、全てが元通りに戻る。その行き先が虚無で在るのだ。

≪-異能-≫────
※之は夜月の物ではなく、終焉の物で在る。※
――因果率――
因果とは即ち、全ての物事に対する関連性だ。全ての物事には絶対に因果という物が存在していて、それを断ち切ればその物事に対して
因果を断ち切った物は関係ない物とされている。彼はそれを操る事が可能だと云う。全てに因果を付属させたり、或いは自分や相手に掛かる
因果を断ち切る事により相手や自分からそれとの関連性を断ち切ったりと、その因果に関わる物全てを操作する事が出来る。亦、相手が
之と同系統の異能を持っていて、それにより何らかの物と因果を断ち切った時、その相手が断ち切った因果を無理矢理再生させる事が出来る。
因果とは即ち確率。確率なしではその物事に結果と云う物は訪れず、その本来その事象が持っている筈の結果は、確率と云う物一つが、或いは
因果と云う言葉が消えるだけで、その結果は訪れず、結局何だったのかは解らない。で終わらせる事が出来てしまうのだと云う。要するに、結果を
最後迄見届ける事が出来ない壗、その事象は勝手に終了した事に為ってしまうのだ。それは相手の意思等に対しても一切関係ない。
相手の意思どうこうで解決する問題ではない、それは、全て始めから決められていた運命、当たり前の事、云わば真理なのだから。

――人外で在るが事の誇り――
自身が人外で在る事により此の身体に宿った異能。発動はオート且つ常で工程等も無い為基本的に無力化は不可能。云わば、
常に発動されているようで常に発動されてない=発動と言う工程が無い。と言うのと同じと考えてくれれば良いだろうか。効果は以下の通りで、
"自身と同等の人外で在る存在からの干渉、攻撃等を受けても彼には何のダメージも外傷も影響も無くなる"と言う物で在る。
人外と言うのは種族的な人外は無論の事、異能や特殊な力等を持っている時点で既に人外と見做されても可笑しくはない為、そう云った人物に
対しても之は発動する事が出来る。亦、飽くまでも相手のその攻撃や影響は受けるが、それによる影響等が自分に対して無いだけで在る為、
その影響を与える行動や干渉、攻撃その物を無力化すると言う訳ではない。飽くまで攻撃を受けた上で、それを自分に受けた上で、
それでも自分には何のダメージも影響もないと言う事象を確立させる事が出来るだけだ。

――終焉亡き無限輪廻――
有りと凡ゆる事象に置ける「 終着点 」或いは「 結果 」と言う物を亡くす事が出来る程度の異能。途中経過が幾ら立派に、それでいて
合理的に繋がっていても、最後に辿り着く終着点や、最終的にそれがどう為るのかと言う結果をなくせば、結局その事象は成り立つ事はなく、
最終的にどう為ったかと言うのすらも解らない壗にその事象はその存在自体を亡くす事と為る。結果のない、終着点のない事象が成り立つ。
等と言うのは決して有り得ず、それは絶対に不可能な事で在る。云わば此の異能を使用された事象は、答えのない数式を永遠に
解かされ続けるのと同じ事なのだ。然しそれに抗う事も出来ない壗に、唯それを解き続ける事しか相手に選択肢を与えないとする異能。

≪-ランク別スキル-≫────
※之が夜月の物ではなく、終焉の物で在る※
――之が現実――
「 現実(リアル) 」とは、平々凡々と気楽に今日と云う一日を生きている存在の中で最も近く、最も身近に或る冪存在で、一日を平凡に過ごせず、異常な日々を、非日常と云う概念で一日を過ごしている存在の中で最も遠く、最も遠い場所に或る冪存在で或る。異常な日々を送っている。 と云うのは、何も異能者等だけhではなく、例えば今世界でも紛争等が起きている国は存在するだろう。そう云った人間はやはり、現実。と云う 日々、日常を送る事が出来ていないのだ。そう云った人間に対して、「 現実 」と云う物がどう云った物かを示す為の物が之だ。飽くまでスキル では或るがスキルにしてそれを超越し、圧倒的に凌駕している存在を誇っているのが之で或る為、スキルとは思わない方が良いだろう。 効果は以下の通りで、前述にも或る様に、現実を知らない輩に現実を示す事が目的とされている物で或る。要するに、幻想や異能、異常や 異例、例外や非日常の世界しか知らない輩に対して現実を示す物。「 現実 」は全ての幻想を拒絶し、その幻想を打ち砕く存在。それは 例えどんなに大きな幻想、異能、異例、例外で有っても、それ等全ての存在は、何処迄も無限に広大に、永久に広がりと、幻想に対する 侵食を常に進めている現実から見れば、かなりちっぽけな物でしかない。故に、その相手に対して現実を見せつける事に因り、相手のその 幻想的な力、異常、異例、例外等と云った物を打ち砕く事が出来る。どの様な力を以てしたとて、例え相手がその力を何と云おうとその力は 全て、幻想か現実かの二択に分けて問われた時は所詮はやはり幻想でしかないのだ。それが現実に為る事等有り得ず不可能。故にその相手は 現実に対して異常や力を以てして対抗、反抗を犯す事は出来ない。之が、之の一つ目の効果。二つ目は、例え其処にどの様な規律、法律、 ルール、世界観が有ろうと、それ等全てを覆して現実程度に留めて収める。と云う効果だ。故に相手は、全ての物事、事象、行動、攻撃、現象等 に対して、現実と云う世界概念に収められるだけの動きと行動でしか動く事は出来ない。之は相手の異能や武装等に対する干渉ではなく、 その相手の行動全ての起点で有り概念と為るロルにも影響する。例えば良い例題を挙げ様。マイクロ単位の小さな小さな銃弾を相手の心臓に向けて一直線に放ったとして、現実的に考えてそれは、相手の目に果たして写り、それを相手は捉え、避けたり防いだりする事が出来るだろうか。全ての存在が蠢いている此の世界に置いてそれが認識出来たとして、それは「 ロル 」と云う、文字で相手に己の行動を伝える手段が或るから。ではないだろうか。然し、現実と云う世界概念に置いて物を云うと、そんなロルと云う物は存在しない。文字で相手に行動を伝えなくても普通に 行動は可能なのだから。その「 ロル 」の存在しない世界を代表例として挙げた物が、彼の云う「 現実概念に収まった世界 」なのだ。故に 相手は、現実世界同等の動きと、それ相応の物しか捉えられなく為る。云わば、非現実的な事は相手に取って恐怖と為り、その非現実からの 逃避、或いは回避と云った手段は、殆ど不可能に近いのだ。そう、ロルと云う物が相手の視界から消え失せればそれは、相手に向けて不可視の攻撃が永遠と放たれていく様な物なのだ。云わば之は、現実と云う概念を相手にだけ向けて与えさせる物なのだ。

 

――文字認識――
此の世界に存在する様々な種類の文字を自由に認識したりその認識を遮断したりする事が出来る。然し之は常に発動していて、亦認識する文字を一種類選ぶとそれ以外の文字は全て認識から遮断されてしまう為に、常に一種類の文字しか捉えられなく為る。認識を遮断された種類の文字は"彼の目、感覚、神経等全てに文字として認識されなく為る"。文字通り何とも認識されず、そもそも見る、触れる等の行為全てが不可能と為る。云えば、"聴覚障害者に幾ら話し掛けても何も通じないのと同じ"で有り、"自分が認識すると決めた文字以外は全て認識遮断されて認識する事が出来なく為る"と云う。故に視覚障害と聴覚障害を同時に抱えていると思ってくれれば良いだろうか。然し之は相手の異能や力等にも及び、"相手の異能に使われている文字が自分が認識すると決めていない文字の種類だった場合、その文字全ては認識出来ない為、その異能を使っても自分にはなんの影響もない"と云う事実を確立させる事が出来る。故にその種類の文字を使っている異能は自身に対して全くと云って良い程に通じる事がない。ロル等にも影響し、相手が書いているロルが自分が認識遮断する事にしている文字を含んでいた場合は、それを自分は認識出来ない。但し、"日本語"や"英語"と云った言葉の種類、文字の種類にも認識するかしないかを分けると云う芸当も出来る。

≪-宝具-≫────
――不理屈正義――
全てに"理屈"が絡んでいないと成立しないと云う正義を展開する宝具。それは攻撃にも、それは存在している理由にも、それは武装にも、
それは異能の使用にも、それは異能の存在にも、全てにおいて"理屈"や"理由"が絡んでいないとそれは成立されない。
例えば相手の存在その物にも、相手が何故生きているのかと云う理由が必要。其処には理由が絡んでいないとそれは成立しない為、
理由がないそれは成立しない故に消滅する。

≪-伽羅備考-≫────
夜月と言う存在の中に巣食っていた悪意の塊。悪意の集合体とも云えるで有ろうか。それ故に性格はかなり悪人じみている。
人を貶め、苦しめ、甚振り、それをしたりそれをされている人間を見る度見る度笑いたく為る様な性格をしている人物。
然しそれを悔いる事もなく恥じる事もない、それは彼が悪意の塊だからだ。故に彼の中に善意と言う言葉は存在を有していない。
何故なら彼の善意と言う心の部分の存在は、彼ではなく「 煌皇 夜月 」と言う人物に全て宿ってしまっているからで在る。
夜月と言う存在は、彼と言う存在の中に在る善意が実体化して形を為して出来ているだけの物に過ぎない。故に彼の手一つで、
夜月を殺す事も容易に可能なのだ。それは、彼が彼で在るから、彼が彼の中から生まれた善意の塊で在るから。なのだ。

≪-台詞-≫────
「 ひゃはははははははっ!!ヤベェヤベェ、最高だねぇ!!厭ぁ、ホント最高最高。まさか俺を此処迄楽しくさせてくれる奴が彼奴以外に居るとわなぁ..。
嗚呼、驚きだよ、驚き。クックッ..。ヤベェ、楽しすぎて笑いが止まんねぇよ――嗚呼、本当に笑いが止まんねぇわ。
"之から始まる俺だけの殺戮ショーに踊らされて喚いて嘆いて叫んで苦しんで死んで逝くテメェの姿を想像するとなぁ!!"
ひゃははははははははっ!!!! 」

「 ぁあ?不幸だぁ?――ケッ、甘っちょろい事ぬかしてんじゃねぇぞ糞餓鬼ぃ..。テメェの辛さ、テメェの悲しさなんざよ、彼奴の背負っている辛さ、
彼奴の抱えている悲しさに比べてみりゃぁ、小さすぎて矮小過ぎて笑えてくんだよ。彼奴は、世界の誰よりも愛されていて、世界の誰からも
憎まれていて、世界その物に苦しめられてるんだからなぁ..。その辛さが、テメェに理解出来んのか?――まぁ、
そう為る様に仕向けたのは、全部全部俺なんだけどよぉ!!だって想像してみろよ御前。そんな奴が苦痛と苦しみで表情が歪む処を!!
それこそ最高じゃねぇか。ひゃははははははっ!!!!
んじゃぁよ、退屈凌ぎに一つだけテメェに面白い話を教えてやるよ。神に憎まれて俺に騙されてる、滑稽で愚弄な大馬鹿野郎の、
世界一不幸で可哀想な、物語だ―― 」

http://

 
 

≪──取り戻した本性、本能。目覚める意思、此処に今、【凶王】が再臨する――≫

 投稿者:◆◇凶王◇◆  投稿日:2013年 2月14日(木)20時40分39秒 112-70-78-129f1.hyg2.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
 

 ≪自己紹介/Self Introdouction≫────
≪-偽名-≫
煌皇 夜月/Yadsuki Ouragi
≪-偽名-≫
嗣漆 黒守/Kurosu_Siurushi
≪-真名-≫
十六夜 終焉- End Izayoi-
≪-性別-≫
牡。
≪-年齢-≫
不詳不明
≪-身長-≫
185cm
≪-体重-≫
64kg
≪-容姿-≫
画像参照。

≪-武装-≫────
──白月──_Siratuki_
彼の中に僅かに、少量存在している善意がその形を為した物。形状は白い光。とは云え、所詮は光で在る為、
彼以外の人間には触れる事も、亦見る事すら出来ない。以前は唯の白い刀で有ったが、彼が記憶と共に
取り戻した力と、彼の気持ちの揺らぎ等の心情、或いは身体と力の不均衡さから彼の中の不均衡さと意思が偶然に、それでいて突然に作り上げて、
然して形を為した物。此の光は彼の指示で幾数にも分裂したり、分散したりする事が出来る。或いは、形状や性質を変化させる事も出来ると云う。
故に、光と云う形状から本来持っていない筈の性質や、無限と思しき数に変化させる事が出来ると云う。然し、性質を変化させても形状を変化させても、
数を増やしても、相手には不可視と云う効果は永遠に継続される。故に、例えどんな手段を用いても彼の放つ此の白い光による攻撃は見えず、
亦見えないで有るが故に、有りと凡ゆる物の対象と為らない。要するに、無効化系統の異能等でも無力化される事はない。
見えてない存在で有るが故に、元々の認識すら、その異能にはされないのだ。要するに、透明人間がどう足掻いても見えないのと同じで在る。
然し、その透明人間は自分から見えている相手に対して触れる事は出来る。と云った処であろうか。亦、もう一つ、此の武装が秘めている効果が、
「 有りと凡ゆる存在の中に在る均衡を崩す事が出来る 」と云う効果だ。之故に、自分が指定した物の均衡を崩して、その均衡を崩した対象を
根元から消滅させる事が可能だと云う。或いは相手自身に対して作用して、唯相手の身体のバランスを崩す為、等にも使う事が出来る。

──黒月──_Kokudsuki_
彼の中の殆ど、大半を占めているが如く存在している悪意がその形を現した物。形状は黒い光。とは云え、所詮は光で在る為、
彼以外の相手には触れる事も見る事も出来ない。以前は唯の黒い刀で有ったが、彼が記憶と共に、
取り戻した力と、揺らぐ心に漬け込んだ悪意、或いは【凶王】と呼ばれていた存在で在る彼の心中に燻っている本性や本能、或いは本質等が偶然に、
それでいて突然に作り上げて形を為した物。此の光は彼の指示で幾数にも分散したり、形状を変えたり性質を変化させる事が出来る。
故に、光と云う形状から本来持っていない筈の性質や、無限と思しき数に変化させる事が出来ると云う。然し、性質を変化させても形状を変化させても、
数を増やしても、相手には不可視と云う効果は永遠に継続される。故に、例えどんな手段を用いても彼の放つ此の白い光による攻撃は見えず、
亦見えないで有るが故に、有りと凡ゆる物の対象と為らない。要するに、無効化系統の異能等でも無力化される事はない。
見えてない存在で有るが故に、元々の認識すら、その異能にはされないのだ。要するに、透明人間がどう足掻いても見えないのと同じで在る。
然し、その透明人間は自分から見えている相手に対して触れる事は出来る。と云った処であろうか。亦、もう一つ、此の武装が秘めている効果が、
全てに置いて存在している「 原点 」を操作したり、それに全てを回帰させたり、或いは全ての物の終着点ともされている「 虚無 」を自由に操る
事が可能だと云う。原点に回帰させれば、進んでいた物事の過程等が全て消え去って、全てが元通りに戻る。その行き先が虚無で在るのだ。


≪-異能-≫────
※之は夜月の物ではなく、終焉の物で在る。※
――因果率――
因果とは即ち、全ての物事に対する関連性だ。全ての物事には絶対に因果という物が存在していて、それを断ち切ればその物事に対して
因果を断ち切った物は関係ない物とされている。彼はそれを操る事が可能だと云う。全てに因果を付属させたり、或いは自分や相手に掛かる
因果を断ち切る事により相手や自分からそれとの関連性を断ち切ったりと、その因果に関わる物全てを操作する事が出来る。亦、相手が
之と同系統の異能を持っていて、それにより何らかの物と因果を断ち切った時、その相手が断ち切った因果を無理矢理再生させる事が出来る。
因果とは即ち確率。確率なしではその物事に結果と云う物は訪れず、その本来その事象が持っている筈の結果は、確率と云う物一つが、或いは
因果と云う言葉が消えるだけで、その結果は訪れず、結局何だったのかは解らない。で終わらせる事が出来てしまうのだと云う。要するに、結果を
最後迄見届ける事が出来ない壗、その事象は勝手に終了した事に為ってしまうのだ。それは相手の意思等に対しても一切関係ない。
相手の意思どうこうで解決する問題ではない、それは、全て始めから決められていた運命、当たり前の事、云わば真理なのだから。

――人外で在るが事の誇り――
自身が人外で在る事により此の身体に宿った異能。発動はオート且つ常で工程等も無い為基本的に無力化は不可能。云わば、
常に発動されているようで常に発動されてない=発動と言う工程が無い。と言うのと同じと考えてくれれば良いだろうか。効果は以下の通りで、
"自身と同等の人外で在る存在からの干渉、攻撃等を受けても彼には何のダメージも外傷も影響も無くなる"と言う物で在る。
人外と言うのは種族的な人外は無論の事、異能や特殊な力等を持っている時点で既に人外と見做されても可笑しくはない為、そう云った人物に
対しても之は発動する事が出来る。亦、飽くまでも相手のその攻撃や影響は受けるが、それによる影響等が自分に対して無いだけで在る為、
その影響を与える行動や干渉、攻撃その物を無力化すると言う訳ではない。飽くまで攻撃を受けた上で、それを自分に受けた上で、
それでも自分には何のダメージも影響もないと言う事象を確立させる事が出来るだけだ。

――終焉亡き無限輪廻――
有りと凡ゆる事象に置ける「 終着点 」或いは「 結果 」と言う物を亡くす事が出来る程度の異能。途中経過が幾ら立派に、それでいて
合理的に繋がっていても、最後に辿り着く終着点や、最終的にそれがどう為るのかと言う結果をなくせば、結局その事象は成り立つ事はなく、
最終的にどう為ったかと言うのすらも解らない壗にその事象はその存在自体を亡くす事と為る。結果のない、終着点のない事象が成り立つ。
等と言うのは決して有り得ず、それは絶対に不可能な事で在る。云わば此の異能を使用された事象は、答えのない数式を永遠に
解かされ続けるのと同じ事なのだ。然しそれに抗う事も出来ない壗に、唯それを解き続ける事しか相手に選択肢を与えないとする異能。

≪-ランク別スキル-≫────
※之が夜月の物ではなく、終焉の物で在る※
――之が現実――
「 現実(リアル) 」とは、平々凡々と気楽に今日と云う一日を生きている存在の中で最も近く、最も身近に或る冪存在で、一日を平凡に過ごせず、異常な日々を、非日常と云う概念で一日を過ごしている存在の中で最も遠く、最も遠い場所に或る冪存在で或る。異常な日々を送っている。 と云うのは、何も異能者等だけhではなく、例えば今世界でも紛争等が起きている国は存在するだろう。そう云った人間はやはり、現実。と云う 日々、日常を送る事が出来ていないのだ。そう云った人間に対して、「 現実 」と云う物がどう云った物かを示す為の物が之だ。飽くまでスキル では或るがスキルにしてそれを超越し、圧倒的に凌駕している存在を誇っているのが之で或る為、スキルとは思わない方が良いだろう。 効果は以下の通りで、前述にも或る様に、現実を知らない輩に現実を示す事が目的とされている物で或る。要するに、幻想や異能、異常や 異例、例外や非日常の世界しか知らない輩に対して現実を示す物。「 現実 」は全ての幻想を拒絶し、その幻想を打ち砕く存在。それは 例えどんなに大きな幻想、異能、異例、例外で有っても、それ等全ての存在は、何処迄も無限に広大に、永久に広がりと、幻想に対する 侵食を常に進めている現実から見れば、かなりちっぽけな物でしかない。故に、その相手に対して現実を見せつける事に因り、相手のその 幻想的な力、異常、異例、例外等と云った物を打ち砕く事が出来る。どの様な力を以てしたとて、例え相手がその力を何と云おうとその力は 全て、幻想か現実かの二択に分けて問われた時は所詮はやはり幻想でしかないのだ。それが現実に為る事等有り得ず不可能。故にその相手は 現実に対して異常や力を以てして対抗、反抗を犯す事は出来ない。之が、之の一つ目の効果。二つ目は、例え其処にどの様な規律、法律、 ルール、世界観が有ろうと、それ等全てを覆して現実程度に留めて収める。と云う効果だ。故に相手は、全ての物事、事象、行動、攻撃、現象等 に対して、現実と云う世界概念に収められるだけの動きと行動でしか動く事は出来ない。之は相手の異能や武装等に対する干渉ではなく、 その相手の行動全ての起点で有り概念と為るロルにも影響する。例えば良い例題を挙げ様。マイクロ単位の小さな小さな銃弾を相手の心臓に向けて一直線に放ったとして、現実的に考えてそれは、相手の目に果たして写り、それを相手は捉え、避けたり防いだりする事が出来るだろうか。全ての存在が蠢いている此の世界に置いてそれが認識出来たとして、それは「 ロル 」と云う、文字で相手に己の行動を伝える手段が或るから。ではないだろうか。然し、現実と云う世界概念に置いて物を云うと、そんなロルと云う物は存在しない。文字で相手に行動を伝えなくても普通に 行動は可能なのだから。その「 ロル 」の存在しない世界を代表例として挙げた物が、彼の云う「 現実概念に収まった世界 」なのだ。故に 相手は、現実世界同等の動きと、それ相応の物しか捉えられなく為る。云わば、非現実的な事は相手に取って恐怖と為り、その非現実からの 逃避、或いは回避と云った手段は、殆ど不可能に近いのだ。そう、ロルと云う物が相手の視界から消え失せればそれは、相手に向けて不可視の攻撃が永遠と放たれていく様な物なのだ。云わば之は、現実と云う概念を相手にだけ向けて与えさせる物なのだ。



≪-宝具-≫────
――不理屈正義――
全てに"理屈"が絡んでいないと成立しないと云う正義を展開する宝具。それは攻撃にも、それは存在している理由にも、それは武装にも、
それは異能の使用にも、それは異能の存在にも、全てにおいて"理屈"や"理由"が絡んでいないとそれは成立されない。
例えば相手の存在その物にも、相手が何故生きているのかと云う理由が必要。其処には理由が絡んでいないとそれは成立しない為、
理由がないそれは成立しない故に消滅する。

≪-伽羅備考-≫────
夜月と言う存在の中に巣食っていた悪意の塊。悪意の集合体とも云えるで有ろうか。それ故に性格はかなり悪人じみている。
人を貶め、苦しめ、甚振り、それをしたりそれをされている人間を見る度見る度笑いたく為る様な性格をしている人物。
然しそれを悔いる事もなく恥じる事もない、それは彼が悪意の塊だからだ。故に彼の中に善意と言う言葉は存在を有していない。
何故なら彼の善意と言う心の部分の存在は、彼ではなく「 煌皇 夜月 」と言う人物に全て宿ってしまっているからで在る。
夜月と言う存在は、彼と言う存在の中に在る善意が実体化して形を為して出来ているだけの物に過ぎない。故に彼の手一つで、
夜月を殺す事も容易に可能なのだ。それは、彼が彼で在るから、彼が彼の中から生まれた善意の塊で在るから。なのだ。

≪-台詞-≫────
「 ひゃはははははははっ!!ヤベェヤベェ、最高だねぇ!!厭ぁ、ホント最高最高。まさか俺を此処迄楽しくさせてくれる奴が彼奴以外に居るとわなぁ..。
嗚呼、驚きだよ、驚き。クックッ..。ヤベェ、楽しすぎて笑いが止まんねぇよ――嗚呼、本当に笑いが止まんねぇわ。
"之から始まる俺だけの殺戮ショーに踊らされて喚いて嘆いて叫んで苦しんで死んで逝くテメェの姿を想像するとなぁ!!"
ひゃははははははははっ!!!! 」

「 ぁあ?不幸だぁ?――ケッ、甘っちょろい事ぬかしてんじゃねぇぞ糞餓鬼ぃ..。テメェの辛さ、テメェの悲しさなんざよ、彼奴の背負っている辛さ、
彼奴の抱えている悲しさに比べてみりゃぁ、小さすぎて矮小過ぎて笑えてくんだよ。彼奴は、世界の誰よりも愛されていて、世界の誰からも
憎まれていて、世界その物に苦しめられてるんだからなぁ..。その辛さが、テメェに理解出来んのか?――まぁ、
そう為る様に仕向けたのは、全部全部俺なんだけどよぉ!!だって想像してみろよ御前。そんな奴が苦痛と苦しみで表情が歪む処を!!
それこそ最高じゃねぇか。ひゃははははははっ!!!!
んじゃぁよ、退屈凌ぎに一つだけテメェに面白い話を教えてやるよ。神に憎まれて俺に騙されてる、滑稽で愚弄な大馬鹿野郎の、
世界一不幸で可哀想な、物語だ―― 」

http://

 

掲示板が完成しましたキラキラ

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2012年10月26日(金)19時51分23秒 119-231-241-33f1.hyg2.eonet.ne.jp
返信・引用
  ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤお絵描き機能付きえんぴつ
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。
 

レンタル掲示板
/1