teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ひたすら多謝!!!

 投稿者:作者 伊藤  投稿日:2017年10月14日(土)21時27分54秒
  NZ#12様

貴重な週末を費やして、長文駄文の釣行記を読んでいただき、
さらに掲示板に望外のお褒めの言葉と武運長久の
お祈りまでして頂いて、まことにありがとうございました。

11/22 ~ 12/07 まで、南島ウェストランドと北島ハミルトン近郊の
川を巡ってくる予定です。

先回は、いろいろとポカミスを繰り返したので、気合いを入れ直して
鱒たちと勝負してきます。
今日は、新品のフローティングとインターミディエイトの6番ラインを
リールにセットしました。
だんだん気分がもりあがって来ております。

寒暖差の激しい季節となってきましたので、お体にはくれぐれも
お気を付け下さい。

それではまた。良い釣りを!

http://fishtips.sakura.ne.jp/

 
 

祝 釣行記完結

 投稿者:NZ#12  投稿日:2017年10月14日(土)17時41分2秒
  伊藤 様

釣行記の完結,おめでとうございます。
この週末,ゆっくりと時間をかけて拝読しました。
いつもながら,NZの大自然の息吹と鱒の鼓動が感じられるような生き生きとした文章ですね。
言葉を辿っているうちに,まだ訪れたことのないウェストランドの風景が目前に広がったような気がしました。
間もなく,ウェストランド再訪の日を迎えられますね。
素晴らしい旅となりますことを,心よりお祈り申し上げます。
 

ありがとうございました!!

 投稿者:作者 伊藤  投稿日:2017年 9月16日(土)21時35分53秒
  NZ#12 様

ウェブサイト訪問と、掲示板投稿、まことにありがとうございました。

秋の釣行計画が台風で中止となったそうで、残念でした。
関東に住む釣友も、計画を延期したそうです。

なんとかシーズンオフになる前に一回行けると良いですね。


今回のアップは、はるか昔のエッセイで恐縮ですが、パソコンの移行で
無くしたと
思い込んでいたデータが見つかったので、HTMLの書式だけ新しくして
再掲しました。

他にも、ティップスやコラムなどもあったのですが、若気の至りで書いた
文章ばかりで、今読むと、恥ずかしくてとても再掲できません。(笑)

でも、いくつかの記事は、加筆してまたアップしようと思っています。

11月下旬にNZ再訪が迫って来ましたので、それまでにはなんとか前回の
釣行記後半を仕上げてしまわねば、と思っています。

パソコンのやり過ぎで、最近ガクンと老眼が進み、偏光グラスとハズキルーペ
の二刀流で、ニュージーランドの川岸に立つ羽目になりそうです。(泣)

1998年に、拙いウェブサイトを開設して以来、NZ#12様のような暖かい読者の
皆様に支えられてこれまでやって来ました。来年はとうとう20周年を迎えます。
(笑) 釣行も更新もまばらになっていますが、細く長く続けて行きたいと
思っております。

今後とも、よろしくお願いいたします!

http://fishtips.sakura.ne.jp/

 

祝 更新!

 投稿者:NZ#12  投稿日:2017年 9月15日(金)20時25分35秒
  伊藤 様

お久しぶりです。
楽しみにしていた今週末の渓流釣行が台風18号の接近で取り止めになり,がっかりしていたところで,更新されたエッセイを拝見しました。
楽しい文章を拝読したおかげで,少し気が晴れたように感じています。
私が初めて伊藤様のNZ釣行記をネット上で読ませていただいたのが1999年ですから,それより前のお話なのですね。
私も,昔の記憶を懐かしく思い出しました。
2010年釣行記の完成と今年のNZ釣行記の掲載を,楽しみにお待ちしています。
 

ありがとうございました!

 投稿者:作者 伊藤  投稿日:2017年 2月22日(水)19時12分36秒
  NZ#12 様

更新後、さっそくのサイト訪問と、感想コメントを書き込んでいただき、
まことにありがとうございました。拙い一文ですが、書いていて改めて
開高さんが、私たち釣り人に贈ってくれた宝物とでも言うべき作品群の
こと、その貴重さに思い至りました。海外へと視野を広げてくれたのも
氏の著作あってのことだと思います。また、若い頃には味わうことができな
かった、行の間なども、今なら味わえるかと思い、実家から古い蔵書を
持ち出してこようかと思っています。

NZ#12様も、ぜひ、機会がありましたら、茅ヶ崎の開高健記念館を訪れてみて下さい。きっと、新しい発見があるかと思います。

望外の感謝のお言葉、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。頑張ります!

伊藤より

http://fishtips.sakura.ne.jp/

 

伊藤 様

 投稿者:NZ#12  投稿日:2017年 2月21日(火)20時43分30秒
  ご無沙汰しております。
遅ればせながら,今回の更新分,拝読いたしました。
私も伊藤様とほぼ同時期,高校生の頃に「作家・開高健」氏との出会いを果たしました。
文庫版の,「フィッシュ・オン」。
その後は,「もっと遠く!」「もっと広く!」と続き…。
結局,常見忠氏が主宰していたスプーン・クラブに入会し,アラスカも数回訪れることになりました。
もちろん,アラスカで使用したスプーンはバイト,スピナーはメップスでした。

私も今はフライ・フィッシング・オンリーとなり,NZ以外への海外釣行は考えられなくなりましたが,高校時代から青年期にかけての「開高熱」は忘れることができません。
思い出を呼び起こしてくださった伊藤様の文章に,深く感謝しております。
今後とも,どうぞよろしくお願いいたします。
 

感想コメントありがとうございました。

 投稿者:作者 伊藤  投稿日:2017年 2月19日(日)16時12分37秒
  谷倉様

拙い文章を読んでくださり、感想のコメントをいただきまして
まことにありがとうございました。訪問から長くかかりましたが、
ようやく文章にまとめることができました。開高さんを語ることは、
私の半生を語るようなものでして、時間がかかりました。
谷倉さんも機会がありましたらぜひ記念館を訪れてみて下さい。
多謝。

http://fishtips.sakura.ne.jp/

 

開高記念館訪問エッセイ

 投稿者:谷倉  投稿日:2017年 2月19日(日)15時49分49秒
  サッと読みました。青春時代が蘇ってきました。とても情緒豊かな表現で読みやすいね。お酒は歯茎で味わうとか、ファンには会わない方がよいとか、含蓄のある表現が開高さんらしく、懐かしい思い出に触れられて良かったね。  

ルアー

 投稿者:谷倉  投稿日:2016年 9月25日(日)22時49分54秒
  回答ありがとうございます。次回のために、忘れないうちに一つ買っておきます。楽しみだね。  

赤金

 投稿者:作者 伊藤  投稿日:2016年 9月24日(土)16時18分57秒
  谷倉様

書き込みありがとうございました。

ホログラム赤金で大丈夫だと思います。近所の釣り具店に無ければ、アマゾンの
通販で買うという手もあります。場合によっては送料がかかるかもしれませんが。

僕も近所の釣具屋には、2000円を超えるミノーがたくさん置いてあるのですが、
枝を釣ったり根掛かりのことを考えると怖くて手が出ません。(*^_^*)

普段使うのは、ドクターミノーばかりになってしまっております。

http://fishtips.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/17